車の売却の際に必要な書類

車の売却の際に必要な書類

車の売却する時には、幾つかの書類が必要になってきます。
この書類に不備がある時には、車の売却をすることが出来なくなってしまうので、必要な書類を確認しておきましょう。
スムーズに売却する為にも、早めに準備を行うといいでしょう。
ただし、ここであげる書類は個人が車を売却する時に必要な書類となりますので、法人の方が所有している車を売却する場合は、必要書類も手続きも異なるので、別途確認するようにしてください。

 

まず自動車検査証、いわゆる車検証は必ず必要になります。
車検証とは国土交通省が定めている車検に通った時に交付される証書のことで、公道を走らせる時には必ず携帯することが必須となっています。
車検の期間が残っている車、廃車にしていない車に関しては必ずあるものです。
万が一、紛失しているといった場合には陸運局で再交付をしてもらう必要があります。

 

次に自賠責保険証明書があります。
正式には自賠責保険納入証明書とも言いますが、自賠責保険は強制保険とも呼ばれているもので、必ず加入しないといけない保険となっていますので、こちらも公道で車を走らせる時には必要なものです。
この証書も紛失してしまった時には保険会社に連絡をして、再交付をして貰う必要があります。
自動車税の納税証明書も必要な書類です。
自動車税納税証明書とは、毎年4月1日現在で陸運局に登録されている自動車の所有者に課せられている、自動車税の納付を済ませたことを証明する書類のことですね。
軽自動車の場合は軽自動車納税証明書が必要になるので覚えておきましょう。

 

次に、実印と印鑑証明も用意しましょう。
印鑑証明とは実印が本物の実印であることを証明するためのもので、通常は発行後3ヶ月以内のものが必要です。
印鑑証明を発行するには印鑑登録をしなければなりません。
各市長区村の役場で申請をすることで印鑑登録が可能です。
ちなみに印鑑証明は通常なら1通で良いですが、場合によっては2通必要になることもあるので、事前に確認して下さい。
最後に譲渡証明書があります。
譲渡証明書は車を譲渡、名義変更する時に必要な書類のことで、一般的に中古車買取業者やディーラーなどで用意してくれる書類です。
個人売買を行う時には陸運局で手に入れるようにして下さい。

 

 

 

 

車の売却の際に必要な書類関連ページ

ローン中 車の売却
車を購入する際にはローンを利用して購入する方も多いでしょう。しかしローンを継続して返済している途中で、このローンを利用して購入した車を売却したいと思った時には、出来るものなのでしょうか。ローンと車の売却の関係について確認してみましょう。
車の買取相場
自分の車の買い取り相場を知ることで、損をしない車の売却が出来ます。これは何故なのかみてみましょう。また、買取相場を簡単に調べる方法はあるのかも確認出来ます。これから車の売却を考えている方には必見の内容です。売却前にチェックしてください。
車 売却 流れ
車の売却において、売却終了までの流れというのはどうなっているのでしょうか。初心者の方でも不安なく売却が出来るように、中古車業者への売却から終了までの流れについて掲載しています。流れを知ることで、車を売りたい方も安心して査定も受けられるでしょう。
車を売るために
実際に車を売却をする際には査定をしてもらう事が基本となります。車を上手に売るために知っておくべき情報をまとめてみました。単に査定してもらうだけではなく、ポイントをおさえることで、愛車の査定額が高額になる可能性もあるものなのです。
事故車は売却可能?
自分の車は事故車だから、もう売却はできない、そう思いこんではいませんか。事故車であっても買取してくれるのか、その可能性を検証してみました。中古車一括査定を利用すれば、事故車も思った以上の売却額で買取してもらえるかもしれませんよ。
改造車 買取
車が好きであればあるほど、何かしら愛車に手を加えている方もいるでしょう。改造車というのもその一つです。この改造車を売却したいと考えたら、実際に買い取ってもらう事が出来るのか、その時に考えるべきポイントとは何か、紹介しています。
車を売る時の注意点
車を売る時にはどうしても買い取り額が高いという事をポイントとして見てしまいがちです。ですが、もっと注意しておきたいポイントもあるのです。のちのちのトラブルに発展しないように、売却までに確認しておきたい注意点をここでみてみましょう。
車を高く売却する方法
車を売るなら高く売りたいと誰もが希望するでしょう。ここではより高く売るための方法としてどのようなものがあるのかを検証しています。気になる査定はどのようにしたらいいのかもこのページを見てみると、より良い方法がわかるでしょう。